アメリカ 選挙

<米大統領選>クリントン、トランプが勝利ーともに7州獲得

Hillary_Clinton_in_November_2014
Pocket

3月1日に行われた「スーパー・チューズデー」だが、事前の予想通り、民主党はヒラリー・クリントン前米国務長官、共和党はドナルド・トランプ氏の勝利となった。

 

マサチューセッツはクリントン

民主党は、クリントン氏が7勝、サンダース氏は4勝となった。

代議員が多いテキサス州、ジョージア州、マサチューセッツ州はクリントン氏が勝利。

NYTが途中で結果を修正するなど、ギリギリまで争っていたマサチューセッツ州は、最終的にクリントン氏が取った。リベラルの多い州でサンダース氏が勝てなかったのは大きな痛手だろう。

http://www.nytimes.com/elections/results?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=span-abc-region&region=span-abc-region&WT.nav=span-abc-region
http://www.nytimes.com/elections/results?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=span-abc-region&region=span-abc-region&WT.nav=span-abc-region

 

テキサスはクルーズ

トランプ氏が7勝と大きくリードし、最後に開票される保守系の多いアラスカではクルーズ氏と拮抗している。

代議員が最も多いテキサス州は、地元であるクルーズ氏の勝利となっている。クルーズ氏は他にオクラホマ州でも勝っている。主流派が期待するルビオ上院議員はミネソタで初勝利。

http://www.nytimes.com/elections/results?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=span-abc-region&region=span-abc-region&WT.nav=span-abc-region
http://www.nytimes.com/elections/results?action=click&pgtype=Homepage&clickSource=story-heading&module=span-abc-region&region=span-abc-region&WT.nav=span-abc-region

 

今回、勝敗を決するほどの大勝ではなかったが、候補者選出に向けて両者ともに大きく前進したと見て間違いないだろう。

次の山場は、3月15日に実施されるオハイオ州、フロリダ州、イリノイ州、ミズーリー州、ノースカロライナ州などの予備選挙。共和党は勝者がすべての代議員を獲得する「勝者総取方式(winner-take-all system)」に移行する。ルビオ氏の地元であるフロリダ州が注目を集める。

 

*追記(16:24)

アラスカでクルーズ氏が勝ったと報道。

 

関連記事:

ヒラリー・クリントンによって対IS戦略はどう変わるのか?

安倍政権はトランプが大統領になると予想?ー深まる日露関係

現実味を増すブルームバーグが予測する2016年最悪のシナリオ

Pocket