テクノロジー 教育 日本

CG児童ポルノ裁判の影響は?(渋井哲也)

600px-Tokyo_High_Court_Building02bs3200
Pocket

コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いた創作物が「児童ポルノ」に当たるかどうかが問われた裁判で、東京地裁(三上孝浩裁判長)は3月15日、一部を児童ポルノとして認定して、製造と提供の罪で懲役1年、罰金30万円、執行猶予3年の有罪を言い渡した。判決では、検察側が問題にした34枚のうち3枚が児童ポルノに当たるとした。弁護側は控訴する方針だ。

 

合法時代の「児童ポルノ」をまねて描いたら児童ポルノになるのか

児童ポルノかどうかを争っていたのは、グラフィックデザイナーの被告人(55)で、作成した画像集「聖少女伝説」の18枚と「聖少女伝説2」の16枚。これら計34枚が「児童ポルノ」だとして起訴されていた。

画像集の作成で参考にしたのは写真集「潮風の少女」(フジアート出版、1982年出版)と雑誌「プチトマト」(ダイナミックセラーズ、82~87年)。ともに亡くなったフリーカメラマン清岡純子が撮影していた。

中でも、被告人が魅力的だと答えていたモデル・花咲まゆは、清岡しか撮影していない。被告人質問では「顔は美少女というほどではなく、どこにでもいるような顔立ちだが、体つきは、加工したのではないか?というどこにでもいなそうな感じ」と答えていた。撮影時は13歳と言われていましたが、被告人自身は「本当か?」と思わせたものだ。

清岡は91年10月に亡くなる。その後、遺作集が出されるが、2002年、「清岡純子写真集 Best Selection」(辰巳出版)の販売が違法とされ、05年から国立国会図書館で同書の閲覧が制限される。争点は合法時代の「児童ポルノ」(当時はその概念がないが)をまねて描いたものが、児童ポルノになるのかどうかだった。

 

CGで描いた創作物が児童ポルノに当たるのか

現在は、児童買春児童ポルノ処罰法の改正があったため、性的好奇心を満たすために、自分の意思で「児童ポルノ」を所持、保管している場合は罪に問われる可能性がある。被告人が逮捕されたのは13年7月。当時はまだ法改正以前だったため、販売や提供目的のための所持でなければ、児童ポルノ写真集を所持していても罪にはならなかった。

CGで描いた創作物が、児童ポルノに当たるのか?判決では、一般人から見て、同一人物と認識できれば、写真と同一とみなされ、CGであることだけで、児童ポルノからは排除されないと判断された。

では、児童性をどのように判断するのか。タナー法による判断の妥当性が問われた。女性の場合、乳房や恥毛の状態で年齢を判断する。タナー法による判断をした医師の証言の信用性が問われた。反対尋問で18歳以上であるAV女優の写真を見て、乳房が発達していないことから「2度」と判断した。タナー法は1度から5度の段階で表され、5度になると成人女性である可能性が高くなる。そのため、疑いの用地があるとして、タナー法による判断を排除した。

 

検討がほとんどされていない印象

また、同一性判断のために、警視庁が児童ポルノ事件で押収したデータを検察側は参照した。このデータについて、加工や修正したかどうかはわからないとして、判断から除外された。

読み上げられた判決要旨で最も短かったのは、残った4枚のうち3枚が「性欲を興奮させ又は刺激するもの」として、児童ポルノとして認定した部分だ。他の判断の箇所から考えれば、あっさりした内容だ。そのため、検討がほとんどされていない印象だった。わいせつの基準とは違い、広く判断するとはしたが、その部分の慎重な検討が必要だったのではないか。

 

データの信用性を疑った判断

弁護側は不当判決として控訴する方針だ。

ただし、タナー法による判断の除外は画期的だ。そもそも例外なき判断ができる統計はない。母集団が変われば、平均値も変わる。これにより、今後の児童買春や児童ポルノ、青少年条例の裁判だけでなく、ネット上の児童ポルノのブロッキングという日常業務に影響が出るかもしれない。

警察官の捜査にも影響が出る可能性もある。児童買春事件や児童ポルノ事件、青少年条例違反事件で、警視庁が保管するデータに基づいて検挙、送検、起訴されてきたことが想像できるが、そのデータの信用性を疑った判断だった。

 

関連記事:

「女性に対する人権侵害」はAV業界の体質なのか、会社の問題なのか

渋井哲也(しぶい・てつや)

栃木県生まれ。長野県の地方紙を経てフリーライター。子ども・若者の生きづらさ、自殺、自傷、依存、虐待の問題を主に取材。教育問題やいじめ、少年犯罪、性犯罪、性の多様性、ひとり親、東日本大震災などもテーマにしている。著書には『自殺を防ぐいくつかの手がかり』(河出書房新社)、『明日、自殺しませんか』(幻冬舎文庫)、『実録・闇サイト事件簿』(幻冬舎新書)、近著に『復興なんて、してません』(第三書館、共著)などがある。ツイッターIDは@shibutetu

Pocket