日本

東日本大震災を忘れない--石巻復興支援ネットワーク代表に聞く、被災地の現状と課題(後半)

兼子氏へのインタビュー中の様子(写真:原貫太)
Pocket

2011年3月11日、東北地方をマグニチュード9.0の地震と大規模な津波が襲った。宮城県東部に位置する石巻市では、震災関連死を含めて3,549人が犠牲となり、425人の行方が未だに分かっていない。東日本大震災による全体の犠牲者のうち、約20%が石巻で犠牲となり、被災面積も広く、最も被害の大きかった市のひとつとなった。

震災から5年。仮設住宅から公営住宅への移動が進んでいく中、経済的な理由や移動後の生活の不安から仮設住宅へ留まり続ける人も多く、特に高齢者の健康状態の悪化や交流機会の減少など、5年という月日が流れた現在、被災地では新しい課題も生まれている。特定非営利活動法人「石巻復興支援ネットワーク(通称やっぺす!)の代表理事の兼子佳恵氏に、被災地の現状と課題、また活動に携わる想いなどをお聞きした。

兼子氏へのインタビュー中の様子(写真:原貫太)
兼子氏へのインタビュー中の様子(写真:原貫太)

「東日本大震災を忘れない--石巻復興支援ネットワーク代表に聞く、被災地の現状と課題(前半)」も併せてご覧ください。

 

--震災から5年3か月が経った現状、そして課題を聞かせてください。

仮設住宅から復興公営住宅へと移動される方が沢山増えてきて、それ自体は良い事なのですけど、移動できない人たちの健康状態や交流する機会の減少は課題ですね。ボランティアの目が公営住宅へと移っていて、支援の形もそっち側の方が予算が付きやすかったりする。仮設住宅で暮らしている方々が、自分たちが忘れられていくという不安を抱えているのは感じます。そして、ある日突然大切な人を亡くして、自分は彼らに何もすることが出来なかったという想いを抱えた人の多くが今改めて、「自分は今何でここにいるんだろう」と苦しい思いをされているのは、関わっていて感じます。高齢の方々の中には、「物資ではなく、会話が必要。」とおっしゃる方もいます。若い人のボランティアを心待ちにしていて、「何もしなくてもいいから、来てくれること自体が嬉しい。」とおっしゃる方も沢山います。また、寂しさやこれから先どうしていけば良いのかという不安を抱え、どうしようもない人も中には存在するかもしれません。

 

震災後の石巻市の様子(写真提供:石巻復興支援ネットワーク)
震災後の石巻市の様子(写真提供:石巻復興支援ネットワーク)

 

--仮設住宅から公営住宅へと移れる人・移れない人の違いというのは、経済的な理由が大きいのでしょうか。

経済的なものが一番大きいのかもしれませんね。あとは、公営住宅に移った後の不安もあると思います。

福島県内の仮設住宅の様子。
福島県内の仮設住宅の様子(写真:原貫太)

 

--仮設住宅であっても、そこの生活に慣れ、やっと落ち着いたという所でまた公営住宅へと移り住むというのは、心身共に負担になるのかなと感じます。

そうですね。また知らない人と一から関係を作ることは、私たちでも大変な事じゃないですか。それが高齢の方であれば、尚更大変な事だと思います。だから、家の中に籠り、外へ一歩も出ない生活になる。そして健康を害していくことに繋がると思います。

それから、仮設住宅に残っている人、彼らを支える団体も含めて、「今何が必要なのか」をもっとしっかりと考えるべき時期だと思います。どうしても支援の偏りというものが出てきてしまっている。大きくクローズアップされている所ではお金も人も流れ込むけれど、そうではなく、草の根的に活動している人たちをもっと底上げし、応援していかなければならない。

結局現場に来てもらって見てもらわないと、伝えられることって限られてしまうんですよ。原さんのこれまで書いてきた世界の諸問題に関する記事を読んでいても凄いなと感じるのですが、私たちにはあれは出来ないじゃないですか。

 

--そうですね。私も現地に足を運んでいる人間として、出来る限り分かり易く伝えるということは心がけているのですが、それを見て突き動かされる人というのは本当に一握りの人たちで…。ほとんどの場合、日本の現状であっても世界の現状であっても、それを読んだ人がその後のアクションにまで繋がるというのは、なかなか無い事ですね。そこは難しさを感じます。

そうですね。それを専門的にやろうとしている人であっても、「伝える」ことは難しいと思います。

現在の石巻市内の様子(写真:原貫太)
現在の石巻市内の様子(写真:原貫太)

 

--今年4月に熊本地震が発生し、また最近では南海トラフ沖地震も危惧されていますが、被災者でありかつこれまで様々な活動に取り組んできた兼子さんから見て、日本の人々の防災意識はどう映っているのでしょうか。

やはり、自分事として捉えている人が少ないと強く感じています。例えば、防災セットって売っているじゃないですか。あれさえ買っていれば十分だと思っている人が多いのですよね。例え準備しておいても、津波で流されてしまったら何も残らないですから。「防災グッズはいつも携帯しておく。いつも持って歩く。」というのは、本当に大事だと思っています。

震災が起きて何が一番助けになったかと考えると、私は人との繋がりでした。震災前のある研修会で出来た全国の人との繋がり、その人たちが本当に応援して下さった。被災した地域って、行政職員の人も同じ地域に住んでいるから同じように被災するんですよ。それをどこか忘れてしまうのです。だから、自分たちの自助努力でどこまでできるのか。お互い助け合って仲間を作り、彼らとどこまで助け合えるのか。その後自分がどうしようもなくなった時に、どのように行政に助けを求めればよいのか。そういった事は、もっと学び考えておいてほしいですね。

  

それから、災害が起きると色々な人たち、色々な情報が入ってくるんです。それを如何にして、「自分に必要な人なのか、必要な情報なのか」を見極めるのか、如何にして人との繋がりを作っておくのか。それらを平時から考えておくことが凄く大切だと思います。

現在の石巻市内の様子(写真:原貫太)
現在の石巻市内の様子(写真:原貫太)

 

--阪神淡路大震災の時も東日本大震災の時も、例えば震災発生後すぐにボランティアが現地入りしてしまうとそれが迷惑になるケースもあるとお聞きしました。また、近年ではSNSの発達により、誤情報の広がりも大きな問題になっているかと思います。こういう時代だからこそ、「自分で情報を取捨選択する力」というのは、大切になってくると私も思います。

  

--「やっぺす!」という言葉にも込められていると思うのですが、兼子さんは一人の母親であり、一人の主婦であり、一人の市民であるからこそ、同じ市民である私たちにも「伝わる」ものがあるのかなと感じます。最後に、日本の人たちへのメッセージをお願いします。

出来ない事って無いと思っています。「出来ない」と決めているのは自分なんだし、それは「やらない」のと同じだと思います。「やる」ことも同じ。「やる」って決めたなら、やり続ける。声を出し続ければ、必ず誰かと繋がって、私みたいな普通の主婦でも大きな企業とコラボして仕事が出来る。そこには学生だからとか、主婦だからとか、肩書なんて関係ないものが必ず生まれる。一方的に自分が入っていく「共鳴」じゃダメなんです。「共感」して、「自分だったらこうだ」というものを創り上げてほしい。「私には出来ません」というのは、「出来ない」のではなくて、「やらない」と自分の中に決めてしまっているから出来ないだけ。だけど、「一歩踏み出してみようかな」と声を出してみれば、きっと誰かが手伝ってくれて、必ず形になる。だから、ずっと声に出し続ける。ホラ吹きって言われようが、「絶対やってやる!」みたいな感じですかね(笑)。

 

--兼子さんはこれまで様々な活動を実現しているから説得力があるし、決して届かない存在ではなく、僕らと同じような人だからこそ、共感するものがあります。

ありがとうございます。本当に、「出来ないこと」なんて無いですよ。「出来ない」のではなくて、「やらない」と決断しているだけ。人生って本当にシンプル。「やりたい」「やろう」と思ったことには、必ず協力者が出るから。声を出して、繋がる。一人じゃないって事です。

あとは、皆さんぜひ石巻に来てください。(笑)

 

—————————————————————-

兼子さん、ありがとうございました。

(聞き手:早稲田大学4年/Platnews編集部 原貫太)

Pocket